あなたの健康を損なう恐れがありますので、睡眠時間を確保しましょう。 ネチケットを守りましょう。
札幌の気温 グラフ click→ クリックでグラフ表示
(2005/02/02 〜) 
元ラジオ少年日誌的アンケートに参加おねがい → こちら

Kazuo Takahashi
バナーを作成
プロフィール
プロフィール
・東亜(特亜)、政治、経済関係は → click
 #見ないほうがいいです :-)
 
<<   2015年08月   >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
こちらもどーぞ :-)
カテゴリ
新着記事
blog リンク
コメント
ブログ内検索
過去ログ・各種情報

いつも8月最終日曜日に札幌で開催されるマラソン大会です。
フジTV系列で他都府県にも同時中継されるので、視聴された方もおられるかもしれません。

今回は、車いすハーフマラソンが同時開催されるようで、「はまなすマラソン」と名付けられています。
気になるのは交通規制時間の長さ。朝6時(場所による)から午後3時ころまであちこちで交通規制が実施されます。
ちなみに筆者のごく近所の新川通は、ほぼ全区間がマラソンコースで交通規制が行われるので、西側への移動が困難で、そのあおりで渋滞が発生します。

案内が親切すぎて、困惑する場所があります。
まぁ、よさこいソーランのように不親切な案内よりはずっとマシではあるのですが。。

これは、8/28 に撮影した 大通西11丁目の国道230号線。
2枚の画像は隣り合わせの区画で、この間は100m 無く、時速40km で通り抜けると「???」な状態になりますね。
自転車くらいの速度だったら把握できるかな。






まる1とまる2は同じ内容。「8月30日 6:00 ▸ 15:30 大通北側は通行止め う回お願いします」と記載。
まる3とまる4とまる5は同じ内容。「8月30日 10:00 ▸ 15:00 北1条通 西6丁目通から東側通行出来ません」と記載。

後で徒歩で確認したから判るのだけれど、自動車で通り抜けると一度に読み取れません(苦笑)
気象庁発表の 天気図・・・・
北海道に横たわる停滞前線は、間違いなく梅雨前線そのものではないのか?


「北海道には梅雨が無い」と言われているのですが、
7月下旬から8月上旬にかけて雨が多いと思われる時期があり、昔から地元では「蝦夷梅雨」なんて言われています。
ここ数年、前線が天気図に描かれていなくても、東西方向に豪雨をもたらす雨雲の列が北海道に時折出現するようになり、停滞前線が描かれても何の不思議も無いような気象現象が目立っています。
北海道にも「梅雨入り」「梅雨明け」を適用してみてはどうでしょうかねぇ。

地球温暖化というか、亜寒帯南端の北海道の夏は、温帯北端並みにより暑くなってきていることは間違いありません。
夏のとある日の最低気温 20℃ なんて、10年前までの北海道では有り得なかったし、そういう気象記録は異常気象の扱いだったかなと。

一方で冬は、お世辞にも暖冬とは言えないくらい寒いシーズンのときもあり、単純に地球温暖化という実感は持てません。

植生の変化が恒常化(たとえば桜の開花が5月上旬から4月になるとか)することであれば、地球温暖化を実感できますね。
管理画面  whblog 1.7