あなたの健康を損なう恐れがありますので、睡眠時間を確保しましょう。 ネチケットを守りましょう。
札幌の気温 グラフ click→ クリックでグラフ表示
(2005/02/02 〜) 
元ラジオ少年日誌的アンケートに参加おねがい → こちら

Kazuo Takahashi
バナーを作成
プロフィール
プロフィール
・東亜(特亜)、政治、経済関係は → click
 #見ないほうがいいです :-)
 
<<   2007年01月   >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
こちらもどーぞ :-)
カテゴリ
新着記事
blog リンク
コメント
ブログ内検索
過去ログ・各種情報

今度は「数の論理」ですか・・・
ノイズをやっつけてPLCアダプタを高速化! 〔RBB TODAY〕
この記事は、4ページに分かれていますが、一番最後のページがアホ丸出しです。

少なくとも、諸外国でどう短波通信が使われてるかの現状見てから物言えつーか。。。
「数の論理」で言えば、短波放送は大衆には影響ないそうです。
この論理だと「中波放送」も同じようなことが成立するんだが・・・
仮の話しとして、中波放送がなくなっても「大衆には影響ない」ですか。そうですか。
どうも最近のこの手の一部ライターは、「需要」と「多様化」の区別がつかないようです。

今の日本のマスコミは、外国の情報を客観的に伝えていると思いますか?
そういう観点にも立つ発想もないくせして、「短波放送」やらを「数の論理」で必要ないという言い方はねぇ。。

どうしたらこのようなアホな一方的認識が無くなっていくのか、悩んでいます(爆)
Dcf_0005
この地図帳を携えて...(苦笑)
先ずは、なのですが、皆様の期待に添えませんでした...orz

滞在した場所が鉄筋建造物の中で且つ窓際にいることが殆ど不可能な状態だったので....
ただ、972kHz とか、1170kHz にてノイズだけの波が受信できました。

滞在場所から 100km ほど北は北朝鮮ですが、ひょっとしたら、北朝鮮では、これらのAM波にジャミングなどかけているのかも??
仁川空港で、少し時間が取れたので、そこでチェックしたくらいでした。窓際に近づけたのはこのときだけ...orz
FM局は7つ引っかかりました。104MHz あたりで AFKN のFM放送(英語でやってました)があるようで、これが一番強力でした。
AM局は855kHz の北朝鮮局と、1170kHz 2つだけ。場所が悪いようです。。。

仁川空港(現用滑走路が3本くらいある)に国際線の多くが移行してから初めてだったというくらい久々の韓国だったので、変化していることもありました。韓国では、鉄道網が貧弱なせいか、人口の割りに自動車の通行量が多いです。

仁川空港からの高速道路は、片側4車線。その他のところも片側3車線。 まぁ、渋滞になることはありません。
人口閑散地域へ行くと、車道上で屋台をやってたりするし、バスが路上駐車してたりで、日本では考えられない事も平然と起きているのが韓国でして・・・ ^^;

ちなみにこの地図帳は、仁川空港の本屋で購入したものです。 日本の通貨を受け付けてくれます。(つり銭も出ます ^^;)レジのお姉さんは、大概の店で日本語も通じます。
中国語が通じるかどうかは確認できませんでしたが、東アジアのハブ空港にしたいという魂胆が見え見えです。
#母国語が通じるてのは確かに大変有り難いんだが。。
これ ↓ 持って、今日から 22日まで消えます。(爆)
200701180059000

目的地が使用可能なエリアかどうかわからないのですが、国際ローミングできる携帯電話持って。。。一応、ICF-SW7600GR と100円ラジオは持って行きます。

もし、時間が取れたら色々と受信してみるつもりです。
先日、網走へ仕事の為に行ってきました。
丁度、津波警報が出たその日に....(苦笑)

網走での仕事は 17:00 過ぎに片付き、来るときにずっとよく滑るアイスバーン路面の連続だったので、帰りはなるべく峠超えをしない遠回りで、積雪がない十勝南部経由ルートで。(爆)
#冬の北海道でも 300km 以上、よく滑るアイスバーン路面てのは余りないですつーか。。

十勝方面の夜は晴れていて、且つシベリア寒気が流入しているために、放射冷却が効いていました。
場所によっては平野部でも -20℃。
概ねこんな感じでした ↓
200701150245000
(左側が車内、右側が外気温:幕別町忠類付近)

これだけ寒いと、現在乗り回している乗用車がやや古いせいか、暖房をフル稼働させても暖房の効きが少し悪くなります。ちなみに札幌では、ここまで冷え込むことが現在では滅多になくなってしまいました。

網走から十勝に移動中の受信状況は、まぁ、こんな感じ:

549kHz:強力安定。(Mayak が入感)
567kHz:韓国局が混信。NHK札幌第一 100kW は潰され気味。
594kHz:ノイズ多いが安定。(NHK第1 東京局が入感)
621kHz:R.Rossii と NHK旭川第一が混信。
693kHz:強力安定。(NHK第2 東京局が入感)
720kHz:強力安定。(Mayak が入感)
747kHz:強力安定。(NHK第2 札幌局が入感)
774kHz:強力安定。(NHK第2 秋田局が入感)
810kHz:バックにAFKN。R.Rossii がフェージングを伴いながら強力に入感。
1206kHz:強力安定。(ハングルが入感)
1377kHz:バックにNHK第2.R.Yunost がほぼ安定して入感。たまにフェージングの谷間で落ちる。
1503kHz:強力安定。(NHK第1 秋田局が入感)
1566kHz:やや雑音混じりだが安定。
1575kHz:弱い。内容もよく聞き取れない。

他の周波数は、単純にチェックしていません ^^;
夜間ドライブの際にカーラジオでの定番となっている 1377kHz。
時々相方には「ロシアの変な局ばっかり聞いている」とか言われますが、そったらこと気にして無いです。はい。
日本のラジオ局によくあるトーク番組より音楽三昧で、聞いてて楽しいのです。 :-) (きっぱり)

AM 0:00(JST) には、キャリアが切れ、 AM5:00 (JST) には放送開始するのですが、AM 5:00 から数回、はっきりと 「ラディオゥ ユゥノストッ」と取れました。
今まで何故かずっと確認できなかったので、すっきりしました。

しかし、この周波数には、NHK第2の他に、韓国局と、中国局(どうも CRIらしい?)、もうひとつロシア局が存在するようなのです。 フェージングの谷間で浮き出てくることがあります。
ここ数日、状態が芳しくなかったですが、今日(1/11) はまあまあです。
7260kHz で AM 00:00-02:00(JST) 、
7125kHz で AM 02:00-04:00(JST)

の時間帯で放送されています。

前のシーズン(B05) は、 7415kHz で AM 00:00 - 04:00(JST) 放送されていて、ながら聴きができるほど強力安定だったのですが、今シーズンは何故か 7415kHz の送信を止めてしまったらしく...

7260kHz は当ロケーションでは、ノイズ混じりで且つ毎日コンディションが大きく変動する傾向があり、受信は少し難があるのですが、7125kHz は強力安定。
7260kHz は 23:00 - 00:00 の時間帯は、ロシア語の放送のようです。

あかぬけた女性アナウンサーも健在です。
国際放送らしくない 「ハァロゥー アァイム○★▽※....」 が。。。 ^^;
16:00 からの放送開始時は、そこそこ強力なのですが、夜が更けるにつれて状態が悪くなっていきます。
19:00 以降は、短波の 6070kHz,7580kHz.9650kHz いずれもほぼ全滅。

おそらく、電離層の状態が影響(地上からの高さが変わる)して、少なくとも北海道付近に電離層から反射された電波が届かなくなるものと考えられています。
図にするとこんな感じ:
20070110

この図の例では北海道では受信できない地帯になり、この状態を「スキップしている」といいます。
送信所側である程度工夫することでスキップを回避できることもありますが、若干の技術が必要です。
以前、ここで、未だ KBS の 5975kHz と 6135kHz で放送が行われている旨を記事にしましたが、どうやら 12/31 まで行われていたようです。
19:00 過ぎにチェックしましたが、5975kHz と 6135kHz での放送は確認できなかったので、お知らせどおりに、やはり停波したのでしょう。

日本人だったら、最初に広報した日時が過ぎた時点で停止日時の延長の情報くらいは流すのが常識ですが、韓国人は、そのような発想の鍛錬が行き届いていないようです。それともやる気の無さか?
前者だったら、国民性の問題で大きな問題にはならないですが、後者だったら留意すべき問題ですね。。

いずれにしても「ケンチャナヨ」で済ませず、きちんとやって欲しい。。。
ここを開設して3年目に突入しています。 目標などは特にありません ^^;
ですが、マイペースでマターリと続けて行く所存です。

200701041744000

画像は特に意味無いですが、今年のカレンダーです。
今年は、本業の方はどうなるか判りません。
#悪い意味ではなく、発展的な意味で... ^^;;

ちょっとしたことで、色々変化がおきるような気がします。 取り急ぎ、、ということで。。
これらは、 R.Rossii です。
チェック場所は同じく、網走方面でICF-SW7600GR使用です。

12/31 から 1/1 にかけては、昨年に引き続き、今年も終夜放送でした。
その時の状況

153kHz:やや弱いが内容は判る
189kHz:ノイズの影響を受けているが、同期検波などの機能で、何とか内容が判る程度に凌げる
279kHz:日中から強力安定
810kHz:若干、東京の AFKN が背後に取れることがあるが、聴取に困る程度にはならない

1/1 から 1/2 にかけてもチェックしましたが、通常時間に戻っていたようです。
810kHzのR.Rossii は、 AM 1:00- AM 5:00 の間、キャリア断ですが、その間は、AFKN が比較的強力に取れます。
  次のページ  
管理画面  whblog 1.7