あなたの健康を損なう恐れがありますので、睡眠時間を確保しましょう。 ネチケットを守りましょう。
札幌の気温 グラフ click→ クリックでグラフ表示
(2005/02/02 〜) 
元ラジオ少年日誌的アンケートに参加おねがい → こちら

Kazuo Takahashi
バナーを作成
プロフィール
プロフィール
・東亜(特亜)、政治、経済関係は → click
 #見ないほうがいいです :-)
 
<<   2006年11月   >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
こちらもどーぞ :-)
カテゴリ
新着記事
blog リンク
コメント
ブログ内検索
過去ログ・各種情報

根雪?
先週の水曜(11/22)から木曜(11/23) にかけて、真冬並みの寒気の芯が北海道北部をかすめていったので、雪になったのですが、今回も同じような感じで、午後から雪です。

200611301533000

この時点では、道路は湿潤状態です。凍結はしていません。
先日の寒気は、すぐに南からの暖気が入ってくることが高層天気図などで明確で、降っても全部融けると見ていて実際にそうなりましたが、今回は1週間ほど寒気が居座る感じになるため、晴れたとしても融け切れずに残り、更に気温がどんどん下がる時期なので、このまま根雪になるかもしれないです。

ちなみに、長期積雪初日(根雪になった日)は、14日以上の連続積雪があった時に、連続積雪の初日に遡った日を記録するのだそうです。 この記録は取り消されることもあり、長期積雪初日から14日目以降に積雪ゼロが7日続くと、その記録は取り消すのだそうです。
#認識が違っているかもしれないので、確実に知りたければ、 札幌管区気象台あたりにでもお尋ねした方がいいでしょう。

寒気自体は真冬並みですが、降って来る雪自体は水分が多く、真冬に降る雪ではありません。
地表付近はまだ真冬ほど冷たい空気では無いようです。
元々は関西国際空港と整備新幹線の2ch での論争から出てきたようですが・・・
「PLCは短波通信に大きな妨害を与える」と言ったのに際し、PLC推進派が,,,

1:事実に対して仮定を持ち出す
「PLCは短波帯にノイズを撒き散らすのは事実だが、もし短波帯が無線通信で使われなかったらどうだろうか?」

2:ごくまれな反例をとりあげる
「だが、アメリカでは、PLCの通信事業者発足の動きがある」

3:自分に有利な将来像を予想する
「何十年か後、無線LANが利用できる保障はだれにもできない。」

4:主観で決め付ける
「コンセントに接続するだけで、即LANが使えるこんな便利なものを一般人が歓迎するのは目に見える話しだ。」

5:資料を示さず自論が支持されていると思わせる
「ノイズについては、既に総務省の厳しい基準を満たしている。」

6:一見関係ありそうで関係ない話を始める
「ところで君はコードレスヘッドホンが無線LANと同じ周波数帯で使われているのは知ってるか?」

7:陰謀であると力説する
「PLCに反対する奴らは、既得権を維持するためにやってるだけだよ。お前たちは権力に踊らされているだけ。痛いね。(プ」

8:知能障害を起こす
「いまどき、短波なんて誰使うの、古くさいねぇ、おやじ脂がまみれてるよ。プッ」

9:自分の見解を述べずに人格批判をする
「PLCに反対する奴らは、現実を知らないだけ。もっと現実をみろよ。」
#そっくりそのままお返ししますだよ(苦笑)

10:ありえない解決策を図る
「結局、短波通信を全部廃止して、国際放送も全部TVにしちゃえばいい訳だよね」

11:レッテル貼りをする
「PLCに反対するやつらって、無線オタクだけだろ?これだからなぁオタクは」

12:決着した話を経緯を無視して蒸し返す
「総務省のノイズ基準は、厳しすぎる。なんで厳しいの?」

13:勝利宣言をする
「PLCが次世代のLANになる事はもはや規定の事実なんだが。」

14:細かい部分のミスを指摘し相手を無知と認識させる
「フレキシブルノッチフィルタも知らんの?もっと勉強しして出直して来い」

15:新しい概念が全て正しいのだとミスリードする
「短波はもう過去の遺物だよ。判ってねぇな」

実際に議論を眺めているわけではないが、議論している場があるとしたら、これに似たレベルで議論されていると勝手に想像しています ^^;
札幌の都心部を大規模に通行止めにしたので、結構影響はあったかとも思いますが...
10日くらい前から、交通規制の事前予告がなされていました。
#この辺はよさこいソーラン祭りの対応とえらい違い(きっぱり)

駅前通り(北5条札幌駅南口交差点~南4条すすきの交差点)を朝8時頃から通行止めにしたほか、駅前通りと交差する各幹線道路(国道12/36/230号、大通、北5条・手稲通、南1条通など)も東西方向の往来が一時的に完全に出来なくなったので、規制周辺部は当然のことながら渋滞していました。

優勝セレモニーは AM 10:30 から札幌駅南口広場、パレードは AM 11:00 から 駅前通りをすすきの方面に向かって南下。時間帯的に在京キー局番組の時間帯なので、放送局で対応は結構ばらつきがありました。

一番このパレード中継に気合を入れていたのは、 STV (NTV系列)。 AM 9:55 頃から生中継を行い、パレード終了まできちんと生中継やってました。

AM 10:00 過ぎると、 HBC(TBS系列)、NHK総合(たぶん北海道ローカル)、UHB(フジ系列)、HTB(テレビ朝日系列)の4局も中継番組。但し、STVほどは随時中継でありませんでした。
残る TVH(テレビ東京系列)は、そんな様子も無し。やっぱり日経新聞資本だねぇと感じていました。

しかしながら、 AM 11:20頃、おもむろに TVH を見ると、優勝パレードの中継をやっています。 をを、さすがに無視はできないか...(笑)
でも 11:35 頃には別の番組になっています。
他の局は、AM 11:45 くらいからは、在京キー局が流す昼のニュースの時間帯になるので、ここで中継終了。
AMラジオ、FMラジオ、コミュニティFMは通常放送でした。
NHK教育は、まぁ当然ですがセレモニー・パレード中継はやりません。 FMラジオのうち、FM北海道(AIR-G) は、トークや音楽の狭間で時折、中継報告を入れていたようです。

札幌駅前の優勝セレモニーの中継映像は、NHK も含め、各社共通で素材を共有していました。
パレードになると、さすがに各社別々でしたが。
近くの上空には中継ヘリコプターが数機静止していて、なかなかうるさかったです。

見に行く気になれば行くのは簡単ですが、片側3車線道路幅の半分近くが埋まっていたり、狸小路の通りの奥までびっしりと人だかりだった様子なので、行かなくて正解だったかもしれません。 ^^;
#パレードは見に行きませんでした(^^;
別のメールアドレスには、 spam フィルタを通しているのにも係わらず、毎日10数通のspam電子メールがすり抜けて通常どおり受信する羽目になります。
これは、そんな電子メールのひとつ。

20061118

ひょっとすると、良く知っている人がいるだろか、と思い... ^^;
将来の乱数放送は、こんなふうに二次元になってたりして...(ばき☆)
20:30 頃、NHK総合の「ためしてガッテン」みていたら・・・
いきなり津波警報です ^^;

地震の揺れは感じなかったし、オホーツク海沿岸の方が津波の予想高さが高いのも珍しいので、変わった場所で地震?
どうやら、千島列島中部(昔の人は「中千島」と言う)で、M8.1 の地震。大きい地震だが、札幌で揺れを感じなかったのだから、列島からかなり離れた場所が震源だったのでしょう。

NHK総合は21:00 からのニュースでも津波警報伝えていますが、不手際が目立ちます。
・網走市と根室市を混同していた
・いつのまにかオホーツク海沿岸の警報ラインが一時消えていた
・情報が更新されない(津波到達予想時刻が変更されたのにいつまでも反映していない)

その他、地元民放局ですが、 STV はテレビ放送を中断して、NHK総合と同じような体制で津波情報を放送しています。
北海道での情報は、NHK総合 より的確です。

HBC,UHB,HTB,TVH 各テレビ局は通常の放送をしながら、津波情報をテロップなどで流しています。
21:55 頃まで、NHKは、NHK教育でも同時放送で、津波情報を流していました。

北海道のラジオ局は、NHK第2を除き、津波情報を流していました。
NHK第1は全国放送のようです。 594kHz NHK東京第一とパラなので。
ひょっとして東南アジア向け短波放送でも流れている? ^^;
やはり、ここが詳しいです:
PLCアダプター発表会速報メモ
ついにPLC製品登場。12月9日発売、最高速度55Mbps。ただし「壁コンセント直結」で
松下PLCは「屋外へ垂れ流し」「障害窓口ナシ」(電力線通信アダプター発表会後編)
〔ライター三上さん〕

さすがに 190Mbpsの通信速度は、誇大広告だわなぁ。。
発表によると、UDP 80Mbps MAX、TCP 55Mbps MAX らしい。

しかし、どうやら(予想どおりというか)、とんでもない代物のようです。
松下によれば、ラジオにっけいとアマチュア無線以外に短波通信はまともに使われないと思っているらしい。

航空洋上管制や漁業無線などに問題出たら、松下が全て責任取るつもりなのかな。
下手すれば人命に係わる事故がおきますよ。

まずは個人向けの販売というところが、きな臭いです。
で、販売価格はちょっと高めですね。
来月は、有志の使用レポートが各所で上がってくるものと期待しています。
メーカーの認識の甘さが露呈するものと予想しています。今のところ。
17:20 頃、810kHz がローカル並みに明瞭だったので、びっくりしました。 いよいよ空中線状況も冬だな、という感じです。

とはいえ、今日の札幌の最高気温は15℃を超え、この時期としては異常と言える温暖な気候です。
11月になると、平野部でも雪降ってもいい時期ですが、当地ではまだ雪を見ていません。
#札幌で初雪の可能性がありそうなのは、いまのところ、11/11 か 11/12。

ちなみに長波の 279kHz も明瞭でした。
810kHz より変調浅いですが、810kHz とパラです。

昨年のこの時期明瞭だった 549kHz。今のところ音沙汰無しです。
今年は549kHz で Mayak の極東地域夜間放送は無いのか?
昨日に続きPLCネタです。ご容赦を。
時々、眺めさせていただいておりますが
松下のPLCアダプター新製品発表会 11月13日に 〔三上@ライター さん〕

これ見たのは、この記事が書かれてから2日くらい後ですが、情報工作(?)な記事も出たことだし、行政訴訟準備も着々と進んでいることだし、ということで....

東京はとても行くことが出来ないので、関心があって出向くことが出来る方は、以下の点なんかを確認して貰えると嬉しいかもです。

・販売には総務省の認定が必要だが、その見込みはあるか。もしくは既に認定されたのか。
・外国(ポルトガルなど)では、PLCを規制した例もあるが、そんなものを何故製品化するのか。
・かねてから懸念されている、短波帯の既存通信への影響は、実際にどの程度検証したのか。
 (検証したのなら、説明責任を果たすために、データを広く公開するべき)
・もし、後日懸念が明るみになった場合、メーカとしての対策は考えているのか。FF式ストーブの前例もあるように、事が起きてからの対策では遅い。
・行政訴訟の動きがあるのはご存知か。
・電源コードはツイストペアで無いと駄目か。
・将来、ノートパソコンなどの情報機器に組み込む予定はあるか。

まぁ、答えられないとか、回答をごまかすとか、曖昧にするとかであれば、販売差し止めに動くのが懸命です。
しかしながら、こういう発表を一度でもやると、懸念されるのが無認可もの海賊版なんだけどね。。
時々、嘘の記事が書かれるサイトでもあるが・・・
電気配線で高速通信までのハードルはこれだけある 〔@IT〕

無知な層がこの記事見たら、PLCは薔薇色な世界に見えることでしょう。
ノートパソコン? まぁこの記事書いた人が想像するほど普及はしないでしょう。
残念ながら、無線LANの方がまだ手軽で現実的。

何よりも「短波無線通信への社会的な著しい弊害」には、当然、ノータッチです。どこにも書いていない。 家庭で使われるのが一番困る。

通信技術やる人は、有線派と無線派がいるようで、両者は実際は、水と油の関係です。
というよりも、有線派は感情的に無線派をけなすというパターンが多い。
有線通信技術は、無線通信技術から派生した応用技術。 無線派からみると、有線通信技術は決まりごと(=通信プロトコル)でがんじがらめに見え、 つまらないものです。

しかし、今後は、両者に長けていないと生き残れないですね。
両者に長けておれば、PLCがこれほど揉め事にならずに、自動的にお蔵入りする種類のものになり、全く別のものが出てきたかもしれません。
先週あたり、放送局各社で合意したらしいです:
北海道総合通信局の報道資料によると、

2007/10/01 函館・旭川・帯広・釧路・網走・室蘭・北見の全てのTV局
(但し、TVh の帯広・釧路・網走・北見局は現時点では、まだ検討中)

NHK小樽中継局
NHK苫小牧中継局
NHK歌志内中継局
NHK和寒中継局
NHK渡島中継局(長万部~森町一帯)
2007/11/01 民放5局の小樽中継局
民放5局の苫小牧中継局
 
2008年 民放5局の歌志内中継局
民放5局の和寒中継局(TVh は現時点では検討中)

人口カバレッジは 2007/11/01 の時点で90%近くにはなると思います。
管理画面  whblog 1.7