あなたの健康を損なう恐れがありますので、睡眠時間を確保しましょう。 ネチケットを守りましょう。
札幌の気温 グラフ click→ クリックでグラフ表示
(2005/02/02 〜) 
元ラジオ少年日誌的アンケートに参加おねがい → こちら

Kazuo Takahashi
バナーを作成
プロフィール
プロフィール
・東亜(特亜)、政治、経済関係は → click
 #見ないほうがいいです :-)
 
<<   2005年06月   >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
こちらもどーぞ :-)
カテゴリ
新着記事
blog リンク
コメント
ブログ内検索
過去ログ・各種情報

流しています。
13mb は 21660kHz のBBCと21690kHz のRadio Free Asia(中国語)しか取れません。
ということで、最近聞いていなかった 19mb を。。

15195kHz で Radio Japan(NHK)の英語放送が取れました。
14:30 頃から聴いていますが、フェージングがちょっときついようですが、聴取に難がある程度までひどくないです。
14:00〜15:00 は音楽番組、15:00 〜は、ニュースに続いて、陶器の話(日本文化の紹介?)やってました。
夏に向けて、これは避けようが無いかな、と言うところです。
先月までは、そこそこ良好だった、720kHz のロシアの声(21:00-23:00) も受信状態が思わしくありません。

ということで、ICF-SW7600GR 単体で受信できる局をチェックしてみました。
(地元局を除く)

594kHz NHK東京1
693kHz NHK東京2
774kHz NHK秋田2
828kHz NHK大阪2
891kHz NHK仙台1
900kHz 北海道放送 函館局
909kHz NHK名古屋2
918kHz 山形放送
936kHz 秋田放送 秋田局
954kHz TBSラジオ
1053kHz 中部日本放送 名古屋局
1071kHz STVラジオ 帯広局
1116kHz 新潟放送 新潟局
1134kHz 文化放送
1170kHz KBS国際放送
1188kHz NHK北見1
1197kHz STVラジオ 旭川局
1206kHz 延辺人民広幡電台(ハングル)
1224kHz NHK金沢1
1233kHz 青森放送 青森局
1242kHz ニッポン放送
1260kHz 東北放送 仙台局
1386kHz 不明局(ロシア語)
1404kHz 北海道放送 釧路局
1503kHz NHK秋田1
1593kHz NHK新潟2

時間は 6/3 20:35-20:55 JST 頃
外国の局は数局しか入感しません。810kHz の Radio Rossii も入感しません。
AN-LP1 は、短波帯用のループアンテナです。
直径50cm 程度の大きさです。

今夜(6/3 未明)は、寝室でAN-LP1と普段使用している、ICF-SW7600GRを接続して どの程度のものか簡単にチェックしてみました。

693kHz NHK東京2
774kHz NHK秋田2
1134kHz 文化放送
1233kHz 青森放送
1242kHz ニッポン放送
1260kHz 東北放送
2850kHz 朝鮮中央放送
3000kHz 不明局(ハングルっぽいが・・・)
3075kHz 不明局(ハングル)
3320kHz 朝鮮中央放送
3875kHz 不明局
3912kHz 人民の声
3985kHz 希望のこだま
4120kHz 不明局
4460kHz 不明局(中国語)

以上 6/3 AM 00:50- AM 01:20 頃

やはり、都市ノイズの影響を受けるようです。
風邪でしばらくご無沙汰となっていた、実験料理ですが・・・ (しかもラジオと関係ない... ^^;;)

050531-1 こんなものが突然出てきましてぇ(爆)
正真正銘のきなこがまぶしてあるおにぎりです。
見た目、おはぎのようでして・・ ^^;

今の住居の1階の真下に団子やがあって、そこにこんな感じのおはぎ売っているのです。
ご飯にかけて食べるより、おはぎのようにして食べると美味しいのかもです(^^)










050531-2 意外と美味しくいけますが、いくつも食べれないなぁ。。
これは(笑) 番茶が合います。
















 真冬でもEスポは発生するので、すでに確認された方もいらっしゃるのかもしれませんが・・・
 ちょうど、NHK総合TVでEスポについて説明を一般視聴者向けにしてたのですが、気が付いたのは夕方になったからでした..orz
 Eスポは昔、ここのコンテンツを作ったときに
 作成したへたくそな図を。。。↓

fig05  FMラジオで韓国・中国大陸・台湾の近隣諸国のFM放送局やTV音声が、突如発生するVHF帯の電波を上空で反射する電離層のおかげで異常伝播し、地元局並みに受信できるという自然現象です。
 この電離層がE層付近に出来るので「スポラディックE層」略して「Eスポ」と呼ばれます。
 Eスポの発生要因は現在もあまりよく判っていません。
 が、Eスポは夏の昼に発生することが多く、これからがシーズンインです。
 TV放送で 1ch 〜 3ch の放送が行われている地域であれば、Eスポが発生すると、画面に白い縞模様が出たりする受信障害が現れるので、このときこそ「チャンス」です。

 ただ、首都圏や札幌のように出力が比較的大きなTV局だと、TV局の方が電波の強さで打ち勝ってしまい、なかなか白い縞模様が出る状況には逆にならないこともあります。 (札幌の場合は、TVの1ch に薄い縞模様が出ていることがEスポ発生の目安)

 今日は、17:00 過ぎに 89.7MHz と 90.3MHz で韓国のFM局を確認しました。
 不安定だったので、記録することができませんでした。
 また、Eスポ以外にも異常伝播する事象がいくつかあります。
  前のページ  
管理画面  whblog 1.7