あなたの健康を損なう恐れがありますので、睡眠時間を確保しましょう。 ネチケットを守りましょう。
札幌の気温 グラフ click→ クリックでグラフ表示
(2005/02/02 〜) 
元ラジオ少年日誌的アンケートに参加おねがい → こちら

Kazuo Takahashi
バナーを作成
プロフィール
プロフィール
・東亜(特亜)、政治、経済関係は → click
 #見ないほうがいいです :-)
 
<<   2018年02月   >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
こちらもどーぞ :-)
カテゴリ
新着記事
blog リンク
コメント
ブログ内検索
過去ログ・各種情報

■ ICF-2001D 復活(^^;
この時間帯は時々起きています。(爆)
2005年1月の故障以来、廃棄しようかどうか迷っていたんですが....

20061009

ふと思いついて、ちょっといじっていたら、なんと復活してしまいました ^^;
ただ、Sメータの部分はごらんのとおり、常に全部点灯してしまうという不具合が....

メイン基板から出ている単独の茶色の配線が外れてしまっているので、このせいかなぁ。。
どこかに接続されているのですが、端子ごと折れてしまっているのです。うーむ。。

筐体が大きい分、音は聞きやすいです。小さければいいというものでもないですね。
5920kHz で R.Rossii 聞いています。
この記事へのコメント
 復活おめでとうござます。
 新しいBCL受信機にはSメーターの無い機種ばかり。メーターも直ると良いですね。信号処理して表示へ信号送るICが逝かれていると厄介ですね。
クマ 2006-10-09 12:17:00
クマさん:
早速コメントありがとうございます。
>信号処理して表示へ信号送るICが逝かれている

どうやら、この可能性も若干。です(苦笑)
たかはし@札幌 2006-10-10 00:40:00
このラジオは10年近く使っていましたが、この機種ほど名機(迷機?)と言えるものはないです。同期検波の威力は北の国のジャニングを除けるのに役立ちました。大きいスピーカーなので、音も良かったですね…。

このラジオは色々と問題があって、中波帯のイメージ混信や本体ノイズ、それに温度によるコケなど。だけど、10キー操作ができたりSSBの復調ができるなどいいラジオでした。こんなラジオは二度と出ないのかな…。

ちなみに、2001Dと同時期に発売されたラジオ「ICF-EX5」は、今年で発売22年目になり、ソニーの長寿機種となっています。これも使っていますが、感度の良さはピカイチです。
千葉直樹 2006-10-14 20:12:00
千葉直樹さん:
 このラジオ、中波帯以下の性能ははっきり言ってイマイチだと思います。というか、経年変化で感度低下するようです。
 このラジオの上位機種(?)らしい ICF-SW77 も今は販売終了らしいし、であればあとは AOR か ICOM あたりの高級機に頼るしかないのでしょうね。。
 感度も今使っている ICF-SW7600GR よりは悪いですが、比較的安定して聴取できる局のリスニング用にしています(^^)
 ちなみにこの ICF-2001Dは、購入から19年が経過しました ^^;
たかはし@札幌 2006-10-15 18:38:00
>たかはしさん
確か、2001Dを使っていて中短波帯の感度の悪さを実感しましたね。以前にも書いた1669KHzの船舶気象通報を聞くにも苦労をしたような…。SW77はいいラジオでしたが、音質は2001Dが良かったと記憶しています。

それで、ICF-SW7600GRを購入しようかと考えていますが、感度や性能はいかがなものでしょうか。
千葉直樹 2006-10-20 20:11:00
千葉直樹さん:
 もし、ICF-SW7600GR の検討をされているなら、以下の点は妥協しなければ駄目かなと思います(^^)

 ICF-2001D にはあったSメータは無い。
 ICF-2001D にはあったAIR バンドは無い。
 ICF-2001D より受信音は聞き取りにくい。
(外部スピーカなどに接続するといいかも)
 ICF-SW7600GR は USB/LSB/同期検波はあるが、側面スイッチでの切り替えで、前面パネルではないので、機械的な弱さに注意。
 ICF-SW7600GR では、100Hz 単位での受信は出来ない。
(その代わり、SSB モードで、±1.5kHz 程度の手動調節が出来る)
 ICF-SW7600GR は、確かに電池食いである。

 しかし、
 ICF-2001D よりは感度が良い。
(ICF-2001D では全滅だった、遠距離中波局が難なく取れます)
ICF-2001D より安定度が良い。
 100局までのプリセット可能。

 この3点は評価できると思います。
たかはし@札幌 2006-10-22 02:54:00
7600GRは何回か触っているので、たかはしさんが書かれた点については妥協しています。確かにSメーターがないのは困り者ですが、そこは目をつぶっておきます。

実は一度リサイクルショップでこの機種を見たのですが、一度落としたらしくて買いませんでした。状態の悪い物を売りつけるなんて、何とも言えませんね…。

そういえば、ビックカメラに立ち寄ったら中国生産の安いラジオを見付けました。普通のアナログ選局のラジオに周波数カウンターが内蔵したタイプにラジオが2500円近くで売っていました。さすがに放送バンドのみで連続受信ではなさそうですが…。
千葉直樹 2006-10-23 21:08:00
千葉直樹さん:
 ソニーの製品は機械的に弱いものが結構多いので、落としたラジオは買わなくて正解だったと思います(^^)
 中国製の周波数カウンター付きラジオの話しは最近よく聞きますね。
 日本製トランジスタラジオが1960年代、アメリカとかヨーロッパで売られていた状況と同じようなものでしょうかね。価格的に... 性能はわかりませんが...^^;;
 ちょっと興味あるので、何かのついでに見にいこうかな(^^)
たかはし@札幌 2006-10-24 21:37:00
名前:

URL :

コメント:
この記事へのトラックバック :
 次の記事  5球スーパーラジオ
 前の記事  NHK時計
管理画面  whblog 1.7