あなたの健康を損なう恐れがありますので、睡眠時間を確保しましょう。 ネチケットを守りましょう。
札幌の気温 グラフ click→ クリックでグラフ表示
(2005/02/02 〜) 
元ラジオ少年日誌的アンケートに参加おねがい → こちら

Kazuo Takahashi
バナーを作成
プロフィール
プロフィール
・東亜(特亜)、政治、経済関係は → click
 #見ないほうがいいです :-)
 
<<   2018年01月   >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
こちらもどーぞ :-)
カテゴリ
新着記事
blog リンク
コメント
ブログ内検索
過去ログ・各種情報

■ ロシアの声は、明日から中波放送を停止
半年くらい前から動向が注視されていたロシアの声(旧 モスクワ放送)ですが・・・
どうやら、B13 スケジュール期間(2014/03/29 まで)は、短波放送のみ継続するようです。
この文面だと、来年A14スケジュール期間も短波放送継続と、取れますが・・・
今のロシアの声の経営陣が「アンチ短波放送派」なので、この経営陣が変わらない限りは、「悪しき欧州の慣習」に従い、短波放送は全廃へ進んでいくことでしょう。。

記事をロシアの声サイト http://japanese.ruvr.ru/jap_schedule/ から引用:
--- ここから

update 26.12.2013

重要なお知らせ

「ロシアの声」日本語放送はこれまで長らく短波・中波でお届けして参りましたが、このほど中波放送が廃止されることになりました。

2013年末日までは従来通り短波5980、中波720の各kHzでお届けし、

2014年1月1日から3月29日までの期間は短波 5980kHzのみにて放送をお届けします。

3月30日以降の周波数については、追って本ページにてご案内いたします。

--- ここまで
720kHz は、ユジノサハリンスク(サハリン州、〔樺太〕の州都)からの送信で、 05:00 - 19:00 JST の間は、 地元向けの放送が流れています。
隣の島からの送信ですから、日没後は北海道では安定的に聴取できます。また、稚内付近では、昼間でも地元局並みに聴取できます。

NHK第2放送が放送終了後の時間帯に外国向けに放送を流しているようなイメージの運用です。
残念ですが、聴取の手軽さがどんどん無くなっていきます。

カネ持ちでないと、情報入手さえ困難な時代になりつつあるようです。
このことに疑問をずっと感じて悶々としています。。
この記事へのコメント
久しぶりのコメントです。
(ブログは、時々拝見しておりますよ…)

1/1からは、21~23時の時間帯は、720kHzはどうなったのでしょう?。
完全停波でしょうか?(←自分でワッチすればいいのですが…)。
一説には、マヤークもだいぶ前に停波した、という情報があったのですが、
05~19時の時間帯は、まだ放送していたのですね。

ウラジオストクからの(だったと思いますが)1251kHzが、
とても強く入感していたのが、懐かしいです。
ニッポン放送と「がっぷり四つに組んで」いた感じでしたね。

今年もよろしくお願いいたします。
Area51 2014-01-02 00:14:05
2014年1月9日でRadio Rossii(国内向け)の全ての長波送信が廃止さましたね。(直前まで何も知らず)残りの中波(810KHzなど)も数年中に廃止されるといわれています。
nogami 2014-01-11 13:02:45
Area51さん:
どうやら、ユジノサハリンスク送信の 279kHz,720kHz は完全停波の模様です。
状況は、想像を超えているもので、後日記事にします。。(変に忙しいので、暇が無くて・・(苦笑))

nogamiさん:
そうなんですね。年初めは聞こえていたので、(何も知らず)逆に受信設備が吹雪でダメージ受けたか? と思っていたくらいです。。
たかはし@札幌 2014-01-19 23:10:17
名前:

URL :

コメント:
この記事へのトラックバック :
管理画面  whblog 1.7