あなたの健康を損なう恐れがありますので、睡眠時間を確保しましょう。 ネチケットを守りましょう。
札幌の気温 グラフ click→ クリックでグラフ表示
(2005/02/02 〜) 
元ラジオ少年日誌的アンケートに参加おねがい → こちら

Kazuo Takahashi
バナーを作成
プロフィール
プロフィール
・東亜(特亜)、政治、経済関係は → click
 #見ないほうがいいです :-)
 
<<   2017年05月   >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
こちらもどーぞ :-)
カテゴリ
新着記事
blog リンク
コメント
ブログ内検索
過去ログ・各種情報

■ ブラウザのスタートページが勝手に Hao123 になる・・・・
最近のソフトウェア、特にダウンロードサイトから入手したインストールプログラムを使うと、
トップページが勝手に書き換わることがあります。
筆者の環境でもこの現象に出くわしました。

Hao123

こんな感じで、起動時のトップページを全く特定の場所に設定しておいたはずが・・・ の状態。
なんと!! 設定しなおしても、OSを再起動したあとにブラウザを起動すると、この状態に戻る。

実はこれ、コンピュータウィルスにやられたわけではなく、目的のオープン提供ソフトウェアと一緒に、インストールされているブラウザに対応した検索ツールバーと共にこのような仕掛けが勝手にインストールされちゃったわけです。

どうやら、中国大陸の百度(バイドゥ)絡みが仕組んだもののようです。
Sonic software が提供するソフトウェアを何も考えずにデフォルト設定でインストールするとこうなる
↑  (筆者の環境がまさにこれだったorz)

とか、Google chrome をインストールするとこうなるとか、いろいろな情報が飛び交っているようです。

これは、Windows であれば、
 ・コントロールパネルから、「プログラムの追加と削除」などで、それっぽいものを削除する
 ・プログラムのランチャーや、デスクトップ画面に見知らぬものがあったら、アンインストールや削除処理をする
 ・ブラウザのアドオンにそれらしきツールバーがあったらすべて削除する。

最後に再起動することで、たいていはこの嫌な状態は回避できます。
この記事へのコメント
Hello!
payday 2017-05-27 22:41:10
Hello!
professional 2017-05-28 12:30:40
名前:

URL :

コメント:
この記事へのトラックバック :
管理画面  whblog 1.7