あなたの健康を損なう恐れがありますので、睡眠時間を確保しましょう。 ネチケットを守りましょう。
札幌の気温 グラフ click→ クリックでグラフ表示
(2005/02/02 〜) 
元ラジオ少年日誌的アンケートに参加おねがい → こちら

Kazuo Takahashi
バナーを作成
プロフィール
プロフィール
・東亜(特亜)、政治、経済関係は → click
 #見ないほうがいいです :-)
 
<<   2018年01月   >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
こちらもどーぞ :-)
カテゴリ
新着記事
blog リンク
コメント
ブログ内検索
過去ログ・各種情報

■ モンゴルが聞こえた! 89.6MHz
今日(6/17)は、朝から快晴でした。
夕方、石狩市北部の厚田と呼ばれる地区にある「夕陽の丘公園」とかいう場所に行ったついでに、 そこでおもむろにカーラジオを。。

時間帯は 19:00 過ぎ。
87.5MHz から上は、びっしりと中国語、たまにハングルが聞こえるという状況。
こういう状況も珍しいので、かなり強力なEスポが出ていたのでしょう。

特に
88.0MHz
88.2MHz
88.8MHz

の3波が強力でした。
トーク番組で、スタジオのアナウンサーの声よりも電話出演している声の方がでかい という、いかにも中国大陸らしさ丸出しの放送なんかも取れました。

19:25 頃、陽が海に沈んだので、87.5MHz - 90.0MHz を 受信しながら札幌に向かって走行を始めたのでした。
87.8MHz の北朝鮮のFM局はバックで時々それらしき音楽が聞こえていたのですが、 同じ周波数の中国語なFM局に押しつぶされた格好です。

20:00 過ぎ、石狩市役所付近を通過し、おもむろに 89.6MHz に合わせたら・・・
ん、?これは中国語ではない・・・強烈に入感したモンゴル語です。

元ラジオ少年としても初めて聴いたモンゴル語のFM放送でした。 内モンゴルか、本当にモンゴルか判りませんが、びっくりしました。

その後、石狩市の食料品スーパーで買い物して戻ったら 20:30 を廻っていたのですが、 さすがにモンゴルはフェードアウトしていましたが、まだ中国語のFM局がごく弱く取れました。
この記事へのコメント
モンゴル語受信おめでとうございます!
「内蒙古人民広播電台」でしょうかね・・・。
Googleで「89.6MHz モンゴル語」で検索したところ、たかはしさんみたく、受信した人々がいらっしゃるようでした。
私もチャレンジしてみたいです。
Eスポ発生中は、87MHz~90MHzをサーチしまくっています。ただ、カーラジオは上限が90MHz止まりなのがちょっと痛いですね・・・。
いば 2007-06-18 01:17:00
いばさん:
初めて聴くとびっくりするもんですね(^^)
>「内蒙古人民広播電台」
どうもそのようですね。中国の内蒙古自治区は結構東西に長いので、どの辺なのかちょっと気になります。

なんで 108MHz まで受信できるカーラジオが無いのだろうとしばし不満に感じるこのごろでもあります(苦笑)。
PLL式のは、アマチュア無線機みたく、改造したら受信周波数が拡大できたりして (笑)
たかはし@札幌 2007-06-18 14:02:00
お久し振りです。
 FM放送DXは昨年90メガ台で中国語がかすかに聞こえただけです。
 6月(ちょっと曖昧になっていますが)14日頃、54メガ台で札幌のTV音声波を短時間受信できました。もちろん50メガバンドは開けていたです。交信出来なかったので記録していませんでした。
 受信できるのですが、他のエリアから届く方が強力だったようです。
クマ 2007-06-21 11:12:00
クマさん:
 当地では、今年は去年よりはEスポの頻度高いかな?という感じです。現在(6/25 21:50)もEスポが発生していて、27005kHz では「大分県からもしもしー」とか聞こえています ^^;

 北海道の場合、FM放送バンド帯で午前中は韓国、午後は中国大陸方面が開けることが多いです。
 地域によって、Eスポで開ける地域が微妙に違うようですね。
 6/23も午前中、韓国の AFKN-FM局(英語放送)が取れました。
たかはし@札幌 2007-06-25 21:56:00
名前:

URL :

コメント:
この記事へのトラックバック :
 次の記事  最近の流行
 前の記事  21250kHz USB
管理画面  whblog 1.7