あなたの健康を損なう恐れがありますので、睡眠時間を確保しましょう。 ネチケットを守りましょう。
札幌の気温 グラフ click→ クリックでグラフ表示
(2005/02/02 〜) 
元ラジオ少年日誌的アンケートに参加おねがい → こちら

Kazuo Takahashi
バナーを作成
プロフィール
プロフィール
・東亜(特亜)、政治、経済関係は → click
 #見ないほうがいいです :-)
 
<<   2018年02月   >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
こちらもどーぞ :-)
カテゴリ
新着記事
blog リンク
コメント
ブログ内検索
過去ログ・各種情報

■ 早速、情報工作ですか・・・
時々、嘘の記事が書かれるサイトでもあるが・・・
電気配線で高速通信までのハードルはこれだけある 〔@IT〕

無知な層がこの記事見たら、PLCは薔薇色な世界に見えることでしょう。
ノートパソコン? まぁこの記事書いた人が想像するほど普及はしないでしょう。
残念ながら、無線LANの方がまだ手軽で現実的。

何よりも「短波無線通信への社会的な著しい弊害」には、当然、ノータッチです。どこにも書いていない。 家庭で使われるのが一番困る。

通信技術やる人は、有線派と無線派がいるようで、両者は実際は、水と油の関係です。
というよりも、有線派は感情的に無線派をけなすというパターンが多い。
有線通信技術は、無線通信技術から派生した応用技術。 無線派からみると、有線通信技術は決まりごと(=通信プロトコル)でがんじがらめに見え、 つまらないものです。

しかし、今後は、両者に長けていないと生き残れないですね。
両者に長けておれば、PLCがこれほど揉め事にならずに、自動的にお蔵入りする種類のものになり、全く別のものが出てきたかもしれません。
この記事へのコメント
ご紹介のホームページの推進派チョウチン記事には呆れますなぁ~(笑)。

[コードレスヘッドホン]このような製品は、ハイレベルのAV関連の愛好者は絶対に使わない物です。極めて普及率が低い製品を出してきて無線LANを批判されてもねぇ‥‥。

高音質・高画質を求める人が多いAVの分野に、電力線の伝送なんかが受け入れられるんでしょうかねぇ‥‥、、ケーブル一本にも高価格・高品質のものが売れて、かなりの神経を使う人も多いんですけどねぇ。
青空走査 2006-11-07 16:18:00
青空走査さん:
 うむ。おっしゃるとおりです(笑)。
 正直、2.4GHz帯のコードレスヘッドホンなんて知らなく、他に製品の選択肢が無いのかもしれませんが、不満であれば、わざわざ無線LAN帯と混在するようなもの使わないで、360MHz帯や420MHz帯の小電力ものとか、FM放送帯のものとか、赤外線ものとか使えばいいのでは?と感じるのは自分だけでしょうか。^^;

 まぁ、PLCが最良の解決策であるかのように強引にこじつけしているのが見えた時点で、内容的にあやしいですが ^^;
たかはし@札幌 2006-11-08 13:34:00
記事を拝見しましたが、ライターが無知というかタイアップ記事なのかと考えてしまいました。まぁ、ライターの知的レベルが問われる記事でしょう。

>たかはしさん
ワイヤレスヘッドホンには進化の歴史があって、初期の赤外線のアナログ伝送からデジタル伝送と成長してきました。特にデジタル伝送において単に音質が良くなっただけではなく、簡易的なサラウンドなどが可能になっています。

なぜ2.4GHz帯でのワイヤレスヘッドホンが普及したかというと、実はプラズマテレビから発する赤外線がヘッドホンの送信部から発する赤外線のジャマになってしまうからです。本当ならもっといい方法があるのかもしれませんが、今はこれしかないというのが歯がゆいです。
千葉直樹 2006-11-08 21:32:00
千葉直樹さん:
 ブラズマテレビ・・・なるほど。
 いずれにしても通信に使う周波数帯が重複しているのが根本的な問題だと思うので、コードレスヘッドホン専用の特定小電力無線周波数の割り当てでもするしか無い様な気が....
たかはし@札幌 2006-11-14 02:34:00
名前:

URL :

コメント:
この記事へのトラックバック :
管理画面  whblog 1.7