あなたの健康を損なう恐れがありますので、睡眠時間を確保しましょう。 ネチケットを守りましょう。
札幌の気温 グラフ click→ クリックでグラフ表示
(2005/02/02 〜) 
元ラジオ少年日誌的アンケートに参加おねがい → こちら

Kazuo Takahashi
バナーを作成
プロフィール
プロフィール
・東亜(特亜)、政治、経済関係は → click
 #見ないほうがいいです :-)
 
<<   2017年10月   >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
こちらもどーぞ :-)
カテゴリ
新着記事
blog リンク
コメント
ブログ内検索
過去ログ・各種情報

■ 今年初めて当地でEスポを確認
 真冬でもEスポは発生するので、すでに確認された方もいらっしゃるのかもしれませんが・・・
 ちょうど、NHK総合TVでEスポについて説明を一般視聴者向けにしてたのですが、気が付いたのは夕方になったからでした..orz
 Eスポは昔、ここのコンテンツを作ったときに
 作成したへたくそな図を。。。↓

fig05  FMラジオで韓国・中国大陸・台湾の近隣諸国のFM放送局やTV音声が、突如発生するVHF帯の電波を上空で反射する電離層のおかげで異常伝播し、地元局並みに受信できるという自然現象です。
 この電離層がE層付近に出来るので「スポラディックE層」略して「Eスポ」と呼ばれます。
 Eスポの発生要因は現在もあまりよく判っていません。
 が、Eスポは夏の昼に発生することが多く、これからがシーズンインです。
 TV放送で 1ch 〜 3ch の放送が行われている地域であれば、Eスポが発生すると、画面に白い縞模様が出たりする受信障害が現れるので、このときこそ「チャンス」です。

 ただ、首都圏や札幌のように出力が比較的大きなTV局だと、TV局の方が電波の強さで打ち勝ってしまい、なかなか白い縞模様が出る状況には逆にならないこともあります。 (札幌の場合は、TVの1ch に薄い縞模様が出ていることがEスポ発生の目安)

 今日は、17:00 過ぎに 89.7MHz と 90.3MHz で韓国のFM局を確認しました。
 不安定だったので、記録することができませんでした。
 また、Eスポ以外にも異常伝播する事象がいくつかあります。
この記事へのコメント
残念ながら聴くことはできませんでしたが、いよいよEスポの季節ですね。以前無線をやってた頃は、50MHzか29MHzばかり聴いてました。
今年はFM-DXにも力を入れたいと思いつつ、唯一手持ちでロシア旧FM帯(66MHz~73MHz)が聴ける受信機であるVR-150にはホイップアンテナがつながってるだけ…
なんとかしなきゃ。
LWL 2005-05-19 23:00:00
ゆうべはこちらも国内各方面、あとVK(オーストラリア)方面、HL(韓国)方面は絶好調なオープン具合でした。

海外DX局が日本語で応答してくれてるのも6M-DXのまったりとしたいいところでして・・・・(^^)

#けど聞くだけで精一杯でした(笑)
すたんぷのーと 2005-05-20 04:13:00
LWLさん:
 昔、クリコン使って、市販のFMラジオで聞いたきりです ^^; <ロシアFM局
 クリコンなので、当然周波数よく判らずで・・・(苦笑)

すたんぷのーとさん:
だいぶ前、7MHz 帯で、流暢な日本語話す韓国人がいて、順番待ちでQSOしているのを傍受していましたが、QSO仕切ってましたね、「はい、次の方」とか(笑)
たかはし@札幌 2005-05-21 17:27:00
名前:

URL :

コメント:
この記事へのトラックバック :
管理画面  whblog 1.7