あなたの健康を損なう恐れがありますので、睡眠時間を確保しましょう。 ネチケットを守りましょう。
札幌の気温 グラフ click→ クリックでグラフ表示
(2005/02/02 〜) 
元ラジオ少年日誌的アンケートに参加おねがい → こちら

Kazuo Takahashi
バナーを作成
プロフィール
プロフィール
・東亜(特亜)、政治、経済関係は → click
 #見ないほうがいいです :-)
 
<<   2018年02月   >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
こちらもどーぞ :-)
カテゴリ
新着記事
blog リンク
コメント
ブログ内検索
過去ログ・各種情報

ここ数日、状態が芳しくなかったですが、今日(1/11) はまあまあです。
7260kHz で AM 00:00-02:00(JST) 、
7125kHz で AM 02:00-04:00(JST)

の時間帯で放送されています。

前のシーズン(B05) は、 7415kHz で AM 00:00 - 04:00(JST) 放送されていて、ながら聴きができるほど強力安定だったのですが、今シーズンは何故か 7415kHz の送信を止めてしまったらしく...

7260kHz は当ロケーションでは、ノイズ混じりで且つ毎日コンディションが大きく変動する傾向があり、受信は少し難があるのですが、7125kHz は強力安定。
7260kHz は 23:00 - 00:00 の時間帯は、ロシア語の放送のようです。

あかぬけた女性アナウンサーも健在です。
国際放送らしくない 「ハァロゥー アァイム○★▽※....」 が。。。 ^^;
16:00 からの放送開始時は、そこそこ強力なのですが、夜が更けるにつれて状態が悪くなっていきます。
19:00 以降は、短波の 6070kHz,7580kHz.9650kHz いずれもほぼ全滅。

おそらく、電離層の状態が影響(地上からの高さが変わる)して、少なくとも北海道付近に電離層から反射された電波が届かなくなるものと考えられています。
図にするとこんな感じ:
20070110

この図の例では北海道では受信できない地帯になり、この状態を「スキップしている」といいます。
送信所側である程度工夫することでスキップを回避できることもありますが、若干の技術が必要です。
管理画面  whblog 1.7