あなたの健康を損なう恐れがありますので、睡眠時間を確保しましょう。 ネチケットを守りましょう。
札幌の気温 グラフ click→ クリックでグラフ表示
(2005/02/02 〜) 
元ラジオ少年日誌的アンケートに参加おねがい → こちら

Kazuo Takahashi
バナーを作成
プロフィール
プロフィール
・東亜(特亜)、政治、経済関係は → click
 #見ないほうがいいです :-)
 
<<   2018年02月   >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
こちらもどーぞ :-)
カテゴリ
新着記事
blog リンク
コメント
ブログ内検索
過去ログ・各種情報

5/6 は、網走から根室を経由して札幌へ。
本当はもう1日休んでゆっくりと帰りたかったんだが、、、

AM 9:00 頃に出発して、まずは斜里方面へ。1月の時と同様、この時間でも 720kHz のロシア語局がやや弱いですが入感します。
720kHz のロシア語局は、Mayak (ユジノサハリンスク局)です。
だいぶ前、どなたがコメントして頂いたかは記憶から消えています(爆)が、ユジノ局は、千島列島まで放送サービスエリアにしてる故、網走方面では昼間でも取れるのではないか、という話しもあります。

この日(5/6) 、知床横断道路はまだ開通していない(開通したのは、翌日5/7。5日遅れ)ので、美幌から根室を経由して札幌方面へ。
途中、ここには書けないが、気が抜けてしまうようなトラブルがあって、一応解決したものの、残雪残る阿寒横断道路を通過する羽目に。

昨年10月下旬の市町村合併で、阿寒湖のところも「釧路市」になったので、阿寒横断道路の途中から釧路市。
市街地からは60km 以上はありますが、行政的には釧路市なのです。

主に釧路・十勝方面ですが、夜になって、783kHz も 1575kHz もチェックしたが入感なし。
日高山脈超えで回り込んでくる、567kHz(NHK札幌第1)、747kHz(NHK札幌第2)、1287kHz(HBC札幌)、1440kHz(STV札幌)が概ねローカル局並みに取れるのを確認。
#FM局も帯広周辺では日高山脈超えで受信できますが、今回は未確認。
管理画面  whblog 1.7