あなたの健康を損なう恐れがありますので、睡眠時間を確保しましょう。 ネチケットを守りましょう。
札幌の気温 グラフ click→ クリックでグラフ表示
(2005/02/02 〜) 
元ラジオ少年日誌的アンケートに参加おねがい → こちら

Kazuo Takahashi
バナーを作成
プロフィール
プロフィール
・東亜(特亜)、政治、経済関係は → click
 #見ないほうがいいです :-)
 
<<   2018年02月   >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
こちらもどーぞ :-)
カテゴリ
新着記事
blog リンク
コメント
ブログ内検索
過去ログ・各種情報

そういえば 12/16 から変わっているんですよね。
夜の放送は全体に30分繰り下がって、朝の前日の再放送が復活。

結構あちこちで既出ですが、、
07:00〜08:00 1044,5985,7110 (kHz)
08:00〜09:00 1044,9435,9695 (kHz)
19:00〜20:00 1044,7190,9440 (kHz)
20:00〜21:00 1044,7190,7200 (kHz)
21:00〜22:00 1044,7190,7150 (kHz)
22:00〜23:00 1044,7190,7215 (kHz)
23:00〜00:00 1044,7190,7115 (kHz)
00:00〜01:00 1044,7190,5980 (kHz)

どうでもいいんですが、同じ放送バンドに2つの強力電波出すのは勘弁して欲しいなぁと。

あと、周波数のお知らせの肝心な部分が、何故か jpeg 形式画像ファイルで、目の見えない人が音声再生できなくて困ってたのを某MLで見かけました。
このあたりの配慮の発想が無いのは、さすが中国です(ばき☆)

23:30 過ぎから 01:00 少し前まで久々に聞いていましたが、
○ 1044kHz と 7190kHz 以外の周波数アナウンスは無い
○ 7190kHz 以外の波は、毎正時 57分には、キャリアを切ってしまう
 (7190kHz も 00:57 にさっさとキャリア切った模様)

という感じでもありました。

こちらでは 1044kHz はサッパリ取れませんが、短波帯は、こちらでは2つの波共に概ね強力です。
7190kHz は受信状況に地域差が大きいので、恐らくその補完という意味合いが感じられます。

1044kHz の朝の放送は、こちらでは受信は困難なのは容易に想像できます。
北陸から山陰なら受信できるかもしれませんが。。。(# 在中な日本人向け?)
管理画面  whblog 1.7