2007/12/28(金)受信環境ほぼ復旧

2007/12/28 2:29 コラム
12/20 に長波―短波帯アンテナ(AN-1)、
12/26 にVHF/UHF 帯アンテナ を設置し、基本的な受信環境が復旧しました。

20071228

アンテナ設置場所が限られてしまう構造の住宅で、 引込み線が約25m になり、75Ωや 50Ωの同軸ケーブルを使っているとはいえ、やはりノイズレベルが少し上がって、雑音に埋もれて聞きづらくなった放送局もいくつかあります。

149.13MHz で消防無線、7125kHz でロシアの声の英語放送を聴いています。SINPO 55544 です。

2007/12/21(金)引越し後、まだ片付きません・・・ ^^;

2007/12/21 23:41 コラム
20071221  これは数日前の状態で、現在はまだマシな状態です・・
 日常の仕事も、まだまともに再開できていません...orz

 今日(12/21)現在、片付いたのは仕事場だけです。
 今週水曜日あたりから再開するつもりでしたが、遅れに遅れて、やっと明日からという感じです。。

 いくつかの仕事は延期してもらったりしました。
 昨夜はスイッチングハブの冷却ファン故障があり、今夜交換作業しました。7年くらい使用しています。

 数年使っていれば、あちこちヘタレてくるもんですね。輸送の振動ショックが原因と思われる、一時ヘタレがいくつか発生しました。故障まで至らずに挙動不審になった機器類が数時間したら回復したなんてこともいくつか。。。







2007/12/17(月)引越ししました・・

2007/12/17 15:21 コラム
ここ2週間余り、ラジオを聴く暇なんてありませんでした。
家主の家庭の事情で、期限付きの引越しを強要された形で、好きで引越しした訳ではないですが・・・

今回は、
旧家主には、退去に関わる費用などを、
新家主には、入居に関わる諸条件や各種の協力を

それぞれ支援いただき、こういう面が札幌という土地柄であることを再確認しました(^^)
#しかしながら、だんだん希薄になっているのも事実。。

今度の場所は、こんな感じです。

200712171
※画像クリックで少し大きい画像になります。

200712172
※画像クリックで少し大きい画像になります。

まぁ、地元の方なら、この画像見ると、大体判ってしまうような場所ではあるが・・・
ちなみに2枚目の画像にある鉄塔は、NTTの札幌北ビルです。

周囲にあまり高い建物が無く、そばにノイズ源になる電力線が無いので、受信環境は以前の場所よりは良いと思いますが、環境をまだ整備できていません。
年内に出来るかどうか、という感じです。

2007/12/01(土)1377kHz、R.Yunost 今年も復活

2007/12/01 23:08 BCL(中波)
こちら(札幌)では、16:00 を過ぎると夜になり、昼間の長さが短くなったのを実感すると共に、16:30 には中波帯でも遠距離受信が出来る時期になったのを実感します。

11/30 は 16:00 過ぎに外出して、12/1 は 22:00 頃外出して、カーラジオにて 1377kHz の動向に変化があったことに気が付きました。

11/30 は、 17:00 まで R.Yunost が聴取でき、その後はキャリア off 。
ところが 12/1 になって、22:00 過ぎにおもむろにカーラジオを 1377kHz にセッティングすると、、、
聞こえてきました。 今年もやってきました(^^)

12/1 から放送時間延長の形を取っているんですね。
また、来年3月までお付き合いさせていただきます < 1377kHz

2007/11/21(水)5950kHz、ロシアの声 ワールドサービス英語放送

2007/11/21 17:09 BCL(短波)
当ロケーションでは、少しノイズが多く、聴取しづらいです。
TV受像機が近くにあるようなときに現れるようなノイズが被ってきます。
信号強度(S) は、3 ~ 8 (10段階評価)の間で結構激しく変化しています。
# ICF-2001D + AN-1 という構成です。

この時間帯に、ロシアの声英語放送を聞くのは、初めてかも、、(爆)
独特の変調トーンは健在です。

2007/11/19(月)6075kHz、R.Rossii

2007/11/19 18:16 BCL(短波)
短波帯で、少なくとも日没後は、この周波数にて R.Rossii が取れます。
(日中時間帯はまだ確認作業をしていません)

最近まで使われていた 5920kHz が、日本を含めた東アジア向けのロシアの声に使うようになったので、その代替というところかもです。
10月末の冬時間変更前も、元々この周波数で出ていたならこの予想は外れですが。。

2007/11/18(日)真冬並みです

2007/11/18 23:55 気候の話題
20071118

今日(11/18) の札幌は、早朝まで雨で、日中になってそれが雪になりました。
風向きが西寄りだったので、札幌はそれほど雪は降らず、殆ど積っていません。

11月のこの時期に雪が降るのは珍しくないですが、ここまで寒いのは7年ぶりくらいかなと・・
積雪は殆どありませんが、現在(11/18 23:50)路面は凍結しています。
昼間陽が差せば、路面は乾燥してくるので、冬タイヤでなくても昼間は何とか走行可能です。
(但し、場所を選ぶ)

この路面状況なので、往来する乗用車は殆ど無いです。ちと危険なので・・・

2007/11/13(火)久々に記事が書ける ^^;; ― 朝鮮の声

2007/11/13 19:49 BCL(短波)
いつの間にか、送信周波数に 7580kHz が入って、冬体制ですね。
ですが、この時期はスキップするようで、夜になるにつれ、高い周波数から入感しなくなります。

19:00 過ぎると 7580kHz は入感しなくなります。
続いて 6070kHz も聞きづらくなります。

今日(11/13)のこの時間(19:45)、最も強力なのは、アナウンスされていないであろう、 3250kHz です。
この放送局も、あちこちに沢山の電波を出していますが、某中国大陸の局みたいに複数の大電力妨害電波ではないので、まだ可愛いもんです。

皆様はどう思われますでしょうか...

2007/10/30(火)ロシアの声日本語放送の受信状況・・・

2007/10/30 22:40 BCL(短波)
久々に短波ラジオの電源を入れ、ロシアの声を聞いています。
直前の日曜日から周波数が変わっているのですが、総じて良くないですね・・

630kHz,720kHz はそれほど入感は良くありません。 特に今日の 720kHz は送信出力を減力したのかと思うくらい。
それにしても最近のVORの中波帯は、以前のようにローカル局並みには取れません。

6005kHz は ハングルな放送局に潰されています。
6180kHz も中国語な局が被っているようで全く取れません。
残る 5920kHz だけが辛うじて取れるんですが、5910kHz の局が強烈すぎて、時折「ガサガサ」と被ってきます。

受信は ICF-2001D にて行っています。 ICF-SW7600GR では少し緩和されますが、やはり 5910kHz が強烈で時折「ガサガサ」と被ってきます。

5910kHz はたしか、ペテロパプロフスクカムチャツキー(カムチャツカ半島東部)送信だったような。。

たぶん、もう少し帯域の狭いIFフィルタであれば、この手の被りは無くなるんでしょうけれど。。

2007/10/21(日)ロシアの声(VOR)周波数変更

2007/10/21 4:16 BCL(短波)
作業が一段落したので、この時間の書き込みとなっています。
昨夜のロシアの声日本語放送で、周波数変更の案内がありました。

2007/10/28 ~
21:00-22:00(JST) 630 720 5920 6180
22:00-23:00(JST) 630 720 5920 6005 6180

※周波数は kHz表記。

5920 kHz は、現在は 22:00 (JST) まで R.Rossii が流れています。
この周波数は、オホーツク海北岸のマガダンからの送信のようなのですが、引き続きこの送信所からの送信なのかどうかはちょっと判りませんです。。はい。

今回の B07 (2007年度冬時間)スケジュールは、10/28 から始まるらしいです。
OK キャンセル 確認 その他