あなたの健康を損なう恐れがありますので、睡眠時間を確保しましょう。 ネチケットを守りましょう。
札幌の気温 グラフ click→ クリックでグラフ表示
(2005/02/02 〜) 
元ラジオ少年日誌的アンケートに参加おねがい → こちら

Kazuo Takahashi
バナーを作成
プロフィール
プロフィール
・東亜(特亜)、政治、経済関係は → click
 #見ないほうがいいです :-)
 
<<   2018年02月   >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
こちらもどーぞ :-)
カテゴリ
新着記事
blog リンク
コメント
ブログ内検索
過去ログ・各種情報

先月あたりから、囁かれていた話ですが・・・
先ずは、Web記事の引用を・・・

----
ラジオ、一斉デジタル化を正式断念 民放連 (
朝日新聞 Web 記事 2013/03/22 00:13)

 ラジオのデジタル化について、日本民間放送連盟(民放連)は21日、業界一丸となってのデジタル化を断念することを正式に決め、総務省に報告した。

 一斉デジタル化は、地上波テレビのデジタル化で空いたVHF帯の一部(V―Low帯)を活用する構想だった。ラジオ局のなかには引き続きデジタル化を目指す局がある一方で、アナログのままFM放送への移行を希望するAM局もある。総務省は今後、各社の意向を改めて確認し、電波の割り当てを検討する。

 十数年続いた議論の末にたどり着いた結論に、民放連の井上弘会長は「長いこと中ぶらりんだった。自分たちの実力を鑑み、ラジオメディアの存続も考えて出した。批判や意見も十分承知している」と話した。
----

 正直なところ、これで良かったと思っています。
 V-Low 帯とは 90MHz - 108MHz の周波数を指し、ちょうどTV放送の 1ch,2ch,3ch があった場所です。


 この V-Low帯は 既存のFM放送 76MHz - 90MHz に連続する周波数帯で、少し前のラジカセなどでは、TV音声が受信できるようになっているものが多く、元々 76MHz - 108MHz が受信できるようになっているわけです。

 すなわち、既存のアナログFM放送を 90MHz-108MHz でやっても受信機の問題は小さい。
 都会では過密気味のコミュニティFM局に開放するのが現実的でしょう。

 また、在京AM局の中には、FM帯への移行を検討している放送局もあります。
 筆者は、単純なFM帯移行には賛成できませんが、従来のアナログ式FMによる同時放送をやるなら意味があると見ています。

 ・障害物があると届きにくく、見通し距離にしか届かないVHF帯電波の短所
 ・ノイズに強いFM方式の長所
 ・障害物があってもある程度回りこんでいく中波帯電波の長所
 ・大規模災害に強い中波帯送信施設
 ・ノイズに弱いAM方式の短所。

 相互補完するのが現実的と思います。

 さらに、radikoらじる・らじる のようなインターネットラジオもありますが、これは

 ・災害時には、情報入手手段としては全く使い物にならない
 ・「移動しながら聴取する」というスタイルには合わない

 という物理的にどうしようも無い問題があります。
 ここで勘違いされるのは、都会の人間は交通機関で移動するのでしょうが、
 地方で生活する人間の大多数の移動手段は、自動車である、という点です。

 東京基準で何でも物事をごり押しされては、実情に合わず困るわけです。
 ディジタルラジオは、FM東京は積極的ですが、他の民放局やNHKは様子見か導入に消極的という感じですね。

 AM局のFM帯移行なんていうのは、地方ではちょっと考えられません。
 同じく、ディジタルラジオという新たな受信機を買うような状況も地方では考えにくい状況です。

 もう少し、社会情勢を見守って検討を続ける姿勢が必要だと思います。

昨年11月までに北海道東部の拠点地区に基幹中継局が設置されてから、その他の地域にも少しずつ設置がされているようです。
今年11月までには、下記の中継局が設置される予定で、既に予備免許が出ています。

上富良野 36ch/0.3W 10月
富良野 26ch/10W 11月
和寒 17ch/3W 10月
忠類 50ch/1W 10月
白糠 39ch/0.1W 10月
空知金山 47ch/1W 11月
幾寅 47ch/1W 11月
麓郷 17ch/1W 11月
東山 47ch/1W 11月

左から、中継局名・物理チャンネル/送信出力・開局予定月。
試験電波は、開局予定月の前の月から発射されます。

名寄から稚内方面へ中継するために重要な和寒中継局が整備されることから、来年度以降には名寄や稚内でもTVh が視聴可能になるものと思われます。

〔2012/11/19 追記〕
TVh 名寄局は、まだ予備免許交付されていませんが、今年12月試験電波発射・2013年1月開局で整備が進められているようです。


〔2013/01/13 追記〕
TVh 名寄局は、2012/12/25 付けで免許になったようです。この時点で中継局稼動中です。

11月中旬までに釧路・帯広・網走の大規模基幹中継局(1kW)と、北見中継局(50W)の免許が下り、運用開始となったようです。
以下は、2011/01/24 の記事
■ テレビ北海道(TVh) のサービスエリア拡大(2011年8月以降) とだぶるのですが、サービスエリアが若干異なるので、作成しなおしてみました。

JOHI-TVarea_201112

サービスエリア内であっても局地的に視聴不可だったり、逆にサービスエリア外であっても局地的に視聴可能な場合がよくあります。
例えば、北見市常呂付近では、局地的に網走局が受信不可なのですが、紋別市付近では、海岸の一部で網走局が受信できる場所もあります。ですから、目安程度にご利用ください。

今後は、残りの地域への展開がどうなるかが注目されるところです。
昨日 AM 11:00 より始まりました。日本国内であれば、どこでも聴取可能です。

URL http://www3.nhk.or.jp/netradio/  
(または http://nhk.jp/netradio/  上記に自動リダイレクトします)

以下の点に留意する必要があります。
・2014(平成26)年3月末までの期間限定試行サービスである
・聴取自体は無料だが、プロバイダ等に支払う通信料金は自己負担(当然だが、、)
・関東地方のプロ(放送内容)のみが流れる
・基本的に日本国内限定である(Radiko 同様、IPアドレスで判定)
・時報、緊急地震情報、気象警報(各地方のもの)、道路情報(各地方のもの)は流れない
・著作権処理の問題で流れない番組もある
・遅延がある(数秒から1分前後)

この方式で最も懸案事項となるのが、遅延時間ですが、当方の環境では4~5秒程度で済んでおり、かなり優秀なほうです。

あくまでも難聴取対策とのことですが、個人的にはあまり期待していません。
移動しながら手軽に聴くという利用形態に合わないし、地方局プロは流れないしで、、
110724_234959

免許を受けた全ての放送局や無線局は基本的に被免許人単位で呼び出し符号(コールサイン)が付与されます。
日本の放送局の場合は、JO○○ とか JO○○-TV というのがそれです。

日本の地上ディジタルTV放送は、JO○○-DTV という形で付与されます。
また、地上ディジタルTVでは、NHKを除き、一つの民放局が複数のコールサインを持つことが認められなくなったため、上記のように拠点地域でコールサインが異なるということは在り得ない話となります。

実は、7月24日の23時45分過ぎから、民放各局で上記のような画像が流れていたようなのですが、気付くのが遅れ、STVしか撮影できませんでした。orz
NHKは、7/24 23:59 過ぎに上記のような画面が出ることも無く、キャリアごと断(俗に言う砂嵐画面)となりました。
本日 12:00(正午) にて、岩手県、宮城県、福島県を除く地域で地上アナログTV放送が終了しました。
24:00 まで、下記のような画面が出ているようです。この後、停波することになっています。

BCL的には VHF のTV電波が出なくなる分、外国のFM放送が入感しやすくなるので期待持てるのと、入感のバロメータである、「映像に縞模様」が使えなくなる、というのと、なかなか心境的に複雑です。

HBC(TBS系) 1ch NHK総合 3ch STV(NTV系) 5ch
110724_125523 110724_125603 110724_125629
NHK教育 12ch TVH(TX系) 17ch UHB(CX系) 27ch
110724_125702_2 110724_160750 110724_125902_2
HTB(EX系) 35ch    
110724_125919    

「時代の変化を感じる」
「アナログTV終了は、何故か寂しい」
「貧乏人は対応するのが(経済的に)大変だ」
「これを機にTVを見なくなる若者もいるのでは。。」

ツイッター上の反応は様々です。
今年 3/11 の地震・津波で被害が大きかった岩手県・宮城県・福島県では 2012/03/31 まで、アナログTV放送が延長されます。

HBC(TBS系) 1ch NHK総合 3ch STV(NTV系) 5ch
110723_085222 110723_085249 110723_085535
NHK教育 12ch TVH(TX系) 17ch UHB(CX系) 27ch
110723_085600 110723_085622 110723_085703
HTB(EX系) 35ch    
110723_085814    

撮影は、7月5日なので、「あと19日」と表示された状態になっています。
なかなか邪魔な表示です。

ところで、今回のアナログTV放送終了ですが、3/11 の地震災害が大きい岩手県・宮城県・福島県では終了が最大で1年延期されるようです。
(元記事 地上放送の完全デジタル化について )

HBC(TBS系) 1ch NHK総合 3ch STV(NTV系) 5ch
110705_065536 110705_065606 110705_065624
NHK教育 12ch TVH(TX系) 17ch UHB(CX系) 27ch
110705_065644 110705_065702 110705_065724
HTB(EX系) 35ch    
110705_065747    

明日から告知画面が変わるらしいので、今日のうちにと思い、撮影してみました。
携帯電話付属カメラにての撮影なので、ちょっと画質は今ひとつかもしれません。。

画像クリックで、少し大きめの画像がポップアップします。
ch番号は、札幌親局のアナログTV放送chです。
永年親しんだこれらのチャンネル番号も見納めが近くなってきました。

HBC(TBS系) 1ch NHK総合 3ch STV(NTV系) 5ch
Hbc_20110630 Nhkg_20110630 Stv_20110630
NHK教育 12ch TVH(TX系) 17ch UHB(CX系) 27ch
Nhke_20110630 Tvh_20110630 Uhb_20110630
HTB(EX系) 35ch    
Htb_20110630    

本当に時間取れずで、 久々の話題が、またTVHネタでアレなんですが、、
株式会社テレビ北海道の地上デジタルテレビ中継局 に予備免許
〔北海道総合通信局 2011/06/01 付けの 報道発表より〕

局所 ch リモコン番号 空中線電力 試験電波発射
(予定)
運用開始
(予定)
釧路 41 7 1kW 2011/08 2011/08
帯広 17 7 1kW 2011/10 2011/11
網走 14 7 1kW 2011/10 2011/11
北見 25 7 50W 2011/10 2011/11

管理画面  whblog 1.7