あなたの健康を損なう恐れがありますので、睡眠時間を確保しましょう。 ネチケットを守りましょう。
札幌の気温 グラフ click→ クリックでグラフ表示
(2005/02/02 〜) 
元ラジオ少年日誌的アンケートに参加おねがい → こちら

Kazuo Takahashi
バナーを作成
プロフィール
プロフィール
・東亜(特亜)、政治、経済関係は → click
 #見ないほうがいいです :-)
 
<<   2017年04月   >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
こちらもどーぞ :-)
カテゴリ
新着記事
blog リンク
コメント
ブログ内検索
過去ログ・各種情報

9/2 以来の受信確認ですが、どうやら増力したようです。
5kW の認可となっていますが、フルパワーかどうかはこちらでは判断できません。
受信限界点付近(滝川、深川、稲穂峠余市側など)で従来のFM局と同程度の入感具合なら、おそらく5kW送信です。

まだ本運用に準じた状態ではありません。中波放送とは別プロの邦楽垂れ流し状態です。

2015/09/07@90.4MHz 15:18頃 STVラジオ FM補完放送 〔mp3形式,0:45〕

2015/09/07@91.5MHz 14:59頃 HBCラジオ FM補完放送 〔mp3形式,1:18〕

この日(2016/09/07) も、この後、17:00 に2局共にキャリア断となりました。

[2016/09/09 追記]
2016/09/09 00:20 現在、試験放送が流れているようです。

[2016/09/14 追記]
9/12 未明は通常の中波放送休止時間帯に合わせて、キャリア断の模様。
9/13 は 17:00 でキャリア断しました。
本日より、中波放送とパラ送信(同時放送)を始めたようです。
昼間から少なくとも野球中継終了までパラ送信でした。その後は懐かしのJ-POP/1980年代洋楽終夜垂れ流しです。


[2016/09/27 追記]
北海道総合通信局からの正式発表は無いですが、
HBC・STV共に 2016/10/19 正午から本運用開始というアナウンスが 9/23付でありました。
現在、多くの時間帯で中波放送と同内容が流れています。

おそらく、 9/1 あたりからだと思われますが、時々試験電波が出ています。
札幌圏でHBCラジオとSTVラジオがFM補完放送開設は報じられて5カ月経過しましたが、
来月の本運用開始に向けた準備期間とおもわれます。

これを聴取した日(2016/09/02)現在、まだ本運用に準じた状態ではありません。
2015/09/02@90.4MHz 15:38頃 STVラジオ FM補完放送 〔mp3形式,1:45〕

2015/09/02@91.5MHz 15:58頃 HBCラジオ FM補完放送 〔mp3形式,1:20〕

録音状態の関係で、エコーがかかった感じになっていますが、実際の送信でエコーがかかっているわけではありません。
また、これは録音機材の関係でモノラル聴取です。
この日(2016/09/02) は、この後、17:00 に2局共にキャリア断となりました。
やっと動き出したようです。
参考記事 http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokkaido/2016/0609f.html 〔札幌圏におけるAMラジオ放送の難聴解消:北海道総合通信局〕
HBCが 91.5MHz 5kW、STVが 90.4MHz 5kW で手稲山送信のようです。


予定通りに工事などが進めば、8月の旧盆明け頃から9月には試験電波が聴取できるようになるかと思います。
当該民放局でも早速掲載されていました。
HBC http://www.hbc.co.jp/radio/info/wideFM/    〔HBCラジオがFMラジオでも聴けるようになります〕
STV http://www.stv.ne.jp/radio/wide_FM/index.html 〔ワイドFM この秋はじまります〕
管理画面  whblog 1.7