あなたの健康を損なう恐れがありますので、睡眠時間を確保しましょう。 ネチケットを守りましょう。
札幌の気温 グラフ click→ クリックでグラフ表示
(2005/02/02 〜) 
元ラジオ少年日誌的アンケートに参加おねがい → こちら

Kazuo Takahashi
バナーを作成
プロフィール
プロフィール
・東亜(特亜)、政治、経済関係は → click
 #見ないほうがいいです :-)
 
<<   2018年02月   >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
こちらもどーぞ :-)
カテゴリ
新着記事
blog リンク
コメント
ブログ内検索
過去ログ・各種情報

旧盆休みで、網走方面へ2泊しました。
長波聞きたいときは、札幌を離れるのが一番です ^^; ← 自分の場合

こんな感じでした:

8/13 21:00 過ぎ(全て受信局は R.Rossii)
153kHz 良好
180kHz 弱い
189kHz 良好
234kHz 弱い
279kHz 強力

8/14 AM 6:00 頃(受信局は R.Rossii)
153kHz ごく弱い
279kHz 良好

8/14 21:30 頃(受信局は R,Rossii)
153kHz 良好
189kHz やや難あり
234kHz 弱い
279kHz 強力

受信を試みた当地では、 200kHz - 210kHz付近で無変調の謎の電波が被って、この範囲の受信は困難でした。
 7/9,7/10 網走に行ってました。
 7/9 は 19:00 台に強いEスポが発生していたようで、韓国・中国大陸のFM局がひしめきあっている状態を確認しましたが、夕食時のため、ゆっくりと確認することは不可能でした。。
 蛇足ですが、網走では VHF帯では、ch1,ch3,ch5,ch12 にてTV放送が行われており、ch1 か ch3 のどちらかに電波障害の白い縞模様が現れれば、強いEスポが出ている証拠になります。
 夜間は、長波放送の状況をチェック。この前(6/24,6/26)よりは若干状態良かったです。

 7/9 21:00 台の受信状況(長波)
 153kHz 弱い
 180kHz かすか
 189kHz やや弱く雑音多い
 234kHz かすか
 279kHz 安定

 すべて R.Rossii の模様。
 Sメータがないので、信号強度がわかりません
 279kHz は網走に於いては、相変わらず日中でも安定です。

 AN-LP1 にて、短波帯もチェックしましたが、特に目立った内容はないです。orz
 しかし、札幌の現ロケーションよりは使えるものであることがわかりました (^^;
 6/24 22:30-22:45、 6/26 23:25-23:40 の時間帯に長波と中波の受信状態を軽く確認してみました。
 ここでは長波帯のみということで・・・ ^^;

 153kHz R.Rossii 6/24 良好、 6/26 やや弱いが内容は判る
 189kHz R.Rossii 6/24 やや弱い、6/26 雑音多く、弱い
 279kHz R.Rossii 6/24 良好、6/26 良好安定

 あと、279kHz だけは日中でも夜間より雑音が多いですが、聴取できました。

 受信機 ICF-SW7600GR 単体です。
 ロケーション的に四方が開けていて、周囲に建物がそんなにない場所なので、AN-1 をつけたり、ロングワイヤーを張ったりすれば、これら3つの局以外も難なく受信できるのかもしれません。

 唯一のノイズ源はたぶん街灯です。。
 309kHz の無線標識局(網走/AS)も難なく受信できました
  #あたりまえだが・・ ^^;
 先日(6/11)、網走で一晩泊まる機会があったので、ラジオ ICF-SW7600GR を持っていき、状況をチェックしました。
 以下のような感じでした:

 279kHz: Radio Rossii 日中でも比較的安定。しかし、夜間は少し他局と混信。(混信局不明)
 189kHz: Radio Rossii 日中は聴取不可。夜間は比較的安定。

 この2局以外に入感しませんでした。
 6/24,25 あたりも再度網走へ行くので、その時にも受信を試みることにします。
先日、無線航行 のNDBについて簡単な説明しましたが、実は、NDB= Non-Directional Beacon (無指向性無線標識)の略なのだそうで... ^^;

そしてNDBは、GPSの精度向上(ディフェンシャルGPS)にも利用されているということで、GPSが利用されている限りはとても重要な存在ということになりますね。
この場を借りて暖かなご指導に御礼を... > 化石さん

NDBは、194kHz の釧路局から、405kHz の南大東局(沖縄県)まであるようです。 288kHz,295kHz,302kHz,305kHz,309kHz,316kHz,320kHz,321kHz などは海上保安庁が運用しているようです。
今の自分の環境で受信できる、最も周波数の低い放送局です。
この局は 279kHz,810kHz とパラ(同時放送)です。

放送局そのものは、153kHz からあるんですが、153kHz は変な電波がかぶってて、受信自体が不可能。
189kHz のこの放送局も、手持ちのICF-7600GRでは、ビートが出て駄目です。
受信周波数を1kHz 下げて、更にSYNC LSB とすることで聞き取ることができます。

279kHz の方は、障害無く受信できますが、189kHz と比較すると変調が浅く、やや聞き取りにくいです。
日中、180kHz と 279kHz が弱々しく受信できたんですが、先ほど、受信しようと試みたら、音沙汰なし。
そう、放送終了しているんですよね。ロシアだし。

日本ぢゃ、平気で24時間放送だったりするから、その感覚ではいけないんです...orz
あの電光掲示板が消えてくれたので...(笑)
279kHz、Rasio Rassi (ユジノサハリンスク)です。
810kHz の Radio Rassi とパラでした。 ロシア語なので、何喋ってんだか判らんですが ^^;

もちろん ICF-SW7600GR でです。長波帯では、AN-1 を使用すると、都市ノイズを拾ってしまって逆効果のようです。
電話線や送電線が地中化したらどうなるか、も気になりますが。。
050121原因はこれ → (サムネイルなので、画像クリックで少し大きいの見れます)
洪水対策の下水道工事が3月末までの予定で行われており、片側2車線の道路が24時間通して車線規制されているのです。
この電光掲示板が、180kHz 〜 270kHz あたりにすさまじい妨害電波を撒き散らしてくれています。
この電光掲示板は、自宅の道路向かいにあります。小型の発電機も見えます。

この装置からは、30m は離れているんだけどねぇ...

昨年の9月頃に「下水道工事のお知らせ」がされていたので、本格的にやってるんだな、という状況です。
で、今度は夏あたりから電線類を地中化する工事が始まるだろうから、このときも車線規制で同じ目に会うんだなと..orz

#昨年10月くらいに調査に来てたから、たぶんやるんだろうなと。。
  前のページ  
管理画面  whblog 1.7